投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

フィッティングルーム。

イメージ
作ってみました。

ウエットやドライの採寸時に大活躍する予定。

少し大きめに作りましたので、

ゆったり着替えて頂くことができます。

で、少々頭を使いまして…

カーテンが二重になっております。

その心は…
例えば、ウエットスーツの試着や採寸時、
【採寸にスタッフが入室する際、外から中が見えてしまう。】
という、お客様のストレスを解消するために2重構造にしました。
男性も女性も人目を気にせず、安心して着替えて頂けます。
透明度も良くなって、冬場の生物もそろそろ登場か!?
ドライスーツを着て、快適なダイビングを楽しみましょう〜!

【写真:MOBBY'S(モビーズ)シールドマックス ドライ】

寝起きどっきり。

イメージ
仕掛けてみました。

「おはよ~ございます」

「えっ、なに?」

「おはよ~ございます」

「え~も~やだ~、どっきりですか~(笑)」

そんな感じの風景です。

主と書いて「あるじ」と読む。

イメージ
本日は大阪のIさんといつもの梶賀へ。

まずは現地到着そうそう、海女さん発見!

一緒に記念撮影してもらおうと、

Iさんと私、ネタを仕込む。



このゴムジャンは素肌に着るのがポイントです。

ちなみに私は普段着にフードかぶってました。(笑)

と、こんなしょうもないことをしている間に、海女さんは漁へ。

結局、一緒に写真は撮れなかったのでした…


今日は今までに潜っていないポイントへ行ってみました。

ちょ~っと深場を探検しようと思ったのですが、

35mを超えたあたりで、水温が…冷たい。

探したい生物がいたのですが断念。(弱っ。)

2本目は砂地で、のんびり撮影ダイブ。

で、タツノイトコというタツノオトシゴの仲間を発見。
(タツノオトシゴ・タツノイトコ・タツノハトコ←実在する魚の名前です。)

彼らはライトを嫌う習性があり、撮影用のライトを当てると…

「ふんっ!」

と、そっぽを向いてしまいます。

ハトコがそっぽを向くたびに、Iさんもそっちのほうへ。

はとこを中心に、5周くらい円を描いてました。(笑)

「タツノハトコに翻弄されるIさんは見ていて面白かったです。」

って、あがってから伝えたら…

「サポートしろよ~!」って、怒られました。(笑)

2011年11月28日(月) 梶賀(尾鷲市)
天気:曇 気温:19℃ 水温:19.4℃ 透明度:10~15m
ポイント:ドンビ・コカジカマエ
生物:
サクラダイ(オス&メス)・イボイソバナガニ(極小)・キンギョハナダイ
ニザダイ群れ・アカホシカクレエビ・クマノミ・ミツボシクロスズメダイ
ハナハゼ・コロダイ幼魚・ヨウジウオ・タツノイトコ・サビハゼ・ダテハゼ
オグロクロユリハゼ・ダイナンウミヘビ・ガラスハゼ・オキゴンベ
サメジマオトメウミウシ・ハナアナゴ・キンチャクダイ・ミギマキ など

ワタクシゴトですが、

本日、ワタクシのダイビングコンピューターが、

何回めか分からない1000本記念を迎えました~(笑)


 年間よく潜る人で100~150本なので、皆さんの10年分。

これを何周かしてます。(笑)

この間、電池交換は何度もしていますが、

故障や水没をしたことはありません。

一度買ってしまえば一生モノです。

安全面も考慮して、是非1人1台ダイビングコンピューターを!

写真:スキューバプロ エクステンダーV3

クリスマスが…

イメージ
近づいてきましたね。

先日、東京ディズニーシーに遊びに行ったお客様から、

お土産を頂きました。ありがとうございます。

しか〜も、組み立て式。

はい、約2時間かかりました…完成までに。(笑)

さらに、まだミッキーもいるんです。

明日は海なので、明後日のんびり組み立てます。

とある企画始動…

イメージ
ということで、とある企画始動です。

まだ公にはしません。

が、間違いなく個人的なチャレンジです。(笑)

「またぁ〜30歳過ぎて〜」

という声も聞こえてきそうな気もしますが…

せっかくなのでチャレンジします。


その流れで昨日、10年ぶりくらいに、

25mプールと50mプールある普通のプールへ行きました。

いつもはウエットにフィン&マスクなど装備しておりますが、

昨日は【水着】だけ!

水着だけで泳いだという記憶は、全く思い出せないくらい昔。

なんか水に入ったら溺れるんじゃないか…

という弱気な気持ちと共に入水。

最初は25mプールのウォーキングコースでウォーミングアップ。

そして、意を決してスイムコースへ。

まずは平泳ぎから…


「あ〜泳げた〜(笑)」(本気でほっとした…)


その後、クロールでも泳げることを確かめ、いざ50mプールへ!

50mプールは25mプールより水温が冷たいのですよ…
(これも密かに不安に思っていた。スーツを着ていると温かいので。)

ゆっくりと泳ぎ始めて、とりあえず目標だった1キロ完泳。

思ったより泳げることに1番驚いたのは自分でした。(笑)




いずれ何をやっているか明らかになるでしょう…

お楽しみに。

ガラス細工。

イメージ
お客様より頂きました。

ショーケースの中に飾らせて頂きました。

ありがとうございました。

そして!

ようやくフィッティングルームを設置しました。

またもや自作です。(笑)

スーツの採寸や試着も、これで快適なはず!

これからドライスーツの季節。

ご相談・ご注文、お待ちしております。

ストーブ導入。

イメージ
めっきり寒くなってきたので、

ストーブ導入してみました。

足もとがポカポカ。

上にやかんを乗せればお湯も沸きます。

さら〜に、干し芋なんかも焼けちゃいます。

冬の味覚を満喫する道具は揃いました。(笑)

是非、食べ物持って遊びに来てください。

追加でお知らせです。

28日ツアー開催します。

潜りたい!という方は、お気軽にお問い合わせください。

バレーボール。

ワールドカップが連日中継されておりますが…

大井家のリビングでも時間になると観戦が始まります。

で、ここでテンション上がっている人が1名。

大井家の母。

気持ちよ〜くジャンプする選手を見て…

「なんかジャンプしたくなってきた〜」

これは毎回必ず言ってます。
(でも、実際にはジャンプしない。まだ。笑)

鼻の高い外国人選手を見て…

「鼻が高いの羨ましいなぁ〜」

「鼻が高いって、どんな感じか粘土で作ってのせてみよかなぁ〜」
(これも未実行)

まぁ、横で聞いていて突っ込みどころ満載ですが、

「なんで、粘土やねん!!」

あえて突っ込まないのが、子の優しさです。(笑)

そんな季節なの…

イメージ
今日は異様に風が強い。

冷やし中華始めました的な看板が風で飛びそうなので、

今日は店内で宣伝してました。

さて、この時期と言えば…これ!


11月の第3週の木曜日に解禁になりますボジョレーヌーボー。

誕生日が近いので、プレゼントで頂くことも多いワインです。

なので、毎年欠かさず飲んでますね。(笑)

そして、誕生日ということで東京のお客様からプレゼントが…

郵便受けにアマゾンからの郵便物が…

アマゾンで注文なんてしてないしな…

新手の詐欺とか嫌がらせ…?

などと思いながら、宛名ラベルを見ると知った名前が。(笑)

早速、中を拝見すると…

頂きました。店内に飾らせて頂きます。

ありがとうございました。

三重の海も水温が下がってきましたが、

その分、透明度が上がってきましたよ。

そして、ウミウシも続々登場しています。

内地の海は冬が旬です。

ドライを持ってダイビング行きましょう〜

黄色い…

イメージ
ということで、今日はこれをご紹介します。

さくっと撮った写真なので、綺麗に色が出ていませんが…

はい、レモンです。(笑)

ただ、これが普通のレモンじゃないんだなぁ〜

その名を【マイヤーレモン】と言います。

以下、説明。

マイヤーレモンはオレンジかマンダリンとレモンの交配種。
国内ではまだ生産しているところは少なく、三重県紀宝町の生産量は日本有数です。
10~11月はグリーンレモン、12~1月は完熟レモンとして出荷しています。
皮が薄く、果汁が多いので、料理や加工に適しています。
普通のレモンに比べると酸味が少なくまろやかな味です。香りも良いです。
皮も苦みが少ないのでそのまま食べることができるのが特徴です。

これ三重県のバイオトレジャーという事業に認定された作物。

以下、バイオトレジャー説明。

「地域では、当たり前と思われていても、外から見ると、実はビジネス価値が高い」
といった地域の個性的な農林水産資源に注目が集まっています。
地域には、売れるポテンシャルを持ったお宝資源が、まだ多く眠っています。
当事業では、ビジネスとして成功する可能性を秘めた農林水産資源を、
外部専門家の視点で評価し、発掘することを目的としています。


昨年、県内の農水産物の取材の仕事で出会ったマイヤーレモン。


昨日のツアーの帰り道、干物屋さんに寄った時に再会。


泊まりの取材の時、焼酎に入れて飲んだなぁ〜と思いつつ購入。


尾鷲名物のさんま寿司にかけて食べても美味しいです。


「ウイスキーはお好きでしょ〜♪」のCMで、


菅野美穂が手にしているレモンは、このマイヤーレモンだそうです。




はぁ〜、焼酎買って帰ろ。(笑)

記録継続中。

イメージ
本日も雨の予報を押しのけて、曇時々薄日。

南風が吹いて暖かな一日となりました。

今日は鈴鹿在住のお客様と尾鷲・梶賀に行ってきました。

まだ、潜るだけで楽しい!と感じる経験本数。

海の中は未知の生物がいっぱい!

そんなときこそガイドの腕の見せ所。(笑)

小ネタ&小話を挟みつつ(水中で)楽しんでいただきました。

久々にガイドらしいガイドができて、私も楽しかったです。(笑)


2011年11月18日(金) 尾鷲市 梶賀
天気:曇 気温:19℃ 水温:21.8℃ 透明度:10m
ポイント:六連ブイ&NECO一番
生物:
ネコザメ&卵(ハッチアウト間近)・ホタテウミヘビ・クマノミ・ハナハゼ
ニシキハゼ・イソギンチャクモエビ・サラサエビ・キッカミノウミウシ
フウライチョウチョウウオ・ソデカラッパ・オニカサゴ・タカノハダイ
クロホシイシモチ・ネンブツダイ・ガラスハゼ・イチモンジハゼ
アジ群れ・ツノダシ・ソラスズメダイ・キンギョハナダイ・チャガラ など

※ネコザメの卵はハッチアウト間近です。
隙間からのぞくと、ちっさいネコザメが卵の中で泳いでます。
今ならまだ観察&撮影できそうです。

オーバーホールをしましょう。

イメージ
「ウエットの時期も、そろそろ終わりだしなぁ〜」
「もう潜り納めしちゃった♪」
というかた、器材の1年の労をねぎらってあげましょう。
「しばらく仕事が忙しくて、器材使ってない…」
「何年も潜ってないけど、近くにお店ができたから復活しよう!」
というかたも、潜る前にオーバーホールに出して点検を。
当店でお取り扱いできますので、お気軽にお問い合わせください。
そして、金曜日にツアーに行きます。
場所はおなじみ【梶賀】でございます。
参加をご希望の方はご連絡ください。

ちょっと前から…

イメージ
「いるなぁ〜」

と思ってたんです。

店の窓付近に…

気配を感じるとかではなく、

確実にいると確信がありました。

今日も日が暮れ始め、

ブラインドを下ろそうとすると…

やっぱりいる!

こんな寒きなり始めた時期に、

背筋の寒くなる話をしなくても…って感じですが。

絶対に写真に撮れると思ったので撮ってみました。

苦手な方は見ないでください。

では、いきます。

ヤモリなのか?ただのトカゲなのか?

詳しくは分かりませんが、ちっこくてかわいい。

沖縄にいるときは、必ず部屋の中に何匹かいましたが、

まさかここでもお目にかかれるとは!(笑)

幸いまだ小さな虫が飛んでいるので、

それをエサにしているようです。

これから寒くなるとエサもなくなるので、

何かエサになるものを探さねば…

元気に大きくなってほしいものです。

でも、ある日突然デカくなって店の中を走り回ってたら、

ちょっと怖いですけど…(笑)

2011.11.11

パソコンの電池切れ…

コネクターも忘れ…
せっかくの2011.11.11ネタが…
特に何もしてなかったんですけどね。(笑)
こんだけ『1』が並ぶと見てるだけで面白いですね。

次は、2111.11.11なのか!?

確実に生きていない…(笑)

いや、人体の冷凍保存の技術が発達して、

この日を迎えることができる人がいるかもしれない…

などと、SFドラマを見ながら思うのでした。

さぁ、ポッキーでも買いに行こう〜

ダイビングだけではないのです…

最近、ブログのネタ不足で困っております…


なので苦肉の策としてmixiから過去の日記を引っ張りだしてみました。(笑)


追記してありますので、「この話知ってる〜」というかたも、


もう1度楽しめるはず…


30歳にして、アスリートを目指した、現地ガイドの無謀な挑戦です。(笑)


----------------------------------------------------------------------------------------
第23回 本部町駅伝競走大会(2010)で、


第3区間3.5kmを走破してまいりました。


本部町民体育館のトレーニングジム(100円/日)で、


この1年位、真面目にトレーニングしていたら…


本部町体育協会の会長から『陸上大会』にスカウトされたのは、


昨年(09年)の話。(結局、雨で中止になりましたが…)


ちなみに、この時はボルトの世界記録に影響され100mに出場予定だった。


パラオから帰った数日後、ジムに行くと、会長から、


『ウチで一緒に飲もう』というお誘いを頂き、お邪魔することに。


宴も中盤に差し掛かった頃。「2月28日に駅伝あるから、練習しといて」


有無を言わせない雰囲気で出場が決定!!


これが、2月初旬の話。


そこから、ボチボチと家の周辺を走り、練習。


そして、晴れの日を迎えるのでした…


この駅伝大会は本部町を各地域に分けたチーム戦。


僕の割り当てれたチームは、各地域の混成チーム。


出場チームが混成を除くと、5チームしかなかったので、


会長が人を集め作ったチームだったのです。


鈴鹿のちょっとええもん。白子の海編②

イメージ
ちょっとずつ寒くなってきましたね。

街も、道行く人も冬の装い。

海岸沿いも冬の風物詩…

で、何が風物詩なのかと言いますと…


はい、これです。

何?

網?

そうです、網です。

でも、ただの網ではありません。

のりの養殖用の網なんですね〜


しか〜も、すでにのりの種がついているのです。
(目では見えません。あしからず。)

これを冬の海の沖に設置すると10日〜2週間くらいで、

収穫できるまでに育つそうです。

あまり知られていませんが、

鈴鹿はのりの養殖の盛んなエリアだそうです。

白子のビーチでは、漁師さんが網の準備をしている様子が、

あちこちで見られます。


-----------------------------------------------------------------------------------
先日の【シビレエイdeビリビリ♡】の映像がアップされてます。
短い映像ですが、お楽しみください。

http://www.asobiya7.com/BIIB_blog/blog.cgi

伊勢エビとマンボウ。

イメージ
三重に来たら、一度は食べたい伊勢エビ。

伊勢湾産の、ほんまもんの伊勢エビです。(笑)

しかも!贅沢にも一人一匹+みそ汁付き。

冷えた体には嬉しいのです。

で、伊勢エビを目の前にテンションの上がった人。



お造りにするチームや茹で伊勢エビにするチーム様々でしたが、

我がシレーナチームは、伊勢エビ+雑炊。

昨夜の鍋の残りに、持参したご飯(さすが!私)を入れ、

ちょちょっと伊勢エビエキスを足して雑炊に。うまいっす。


丸ごと一匹茹でてもらった伊勢エビは…


あっと言う間に解体され、胃の中へ…(笑)
エビの殻を割る、パキッという音だけは響き渡ったのでした。

他のショップからお造りを分けて頂いたり、雑炊をお裾分けしたり…
普段はなかなかできない交流も楽しんでまいりました。
食べた後は、速やかに撤収〜

で、帰り道。
ぜひとも皆様に食べてほしい一品があるので寄り道を。 (まだ食うか!笑)

そうです、あのダイバーに人気のマンボウの串焼きです。
マンボウの恨みを買って、水中で出会えなくなりそうな気もしますが…

興味のあるかたはリクエストしてください。
ちなみに、土・日でないとやっていないそうなのでご注意ください。

こんな感じで、珍しくダイビングよりイベントを重視したツアーが、
無事に終了したのでした。
来月は鯛しゃぶツアーをやりますので、奮ってご参加ください。
------------------------------------------------------------------------------------------- 昨日、アップしたブログにも写真が追加されております。
今日は2本立てでお送りしました。

翌朝。

イメージ
午前5時頃は土砂降りだったようですが…

潜る前には雨は上がり、時間が経つにつれ薄日まで。

今日は、皆さん楽しみにしていたイセエビDAY!

かなりのショップが集まることが予想されたので、

朝イチ8:30にエントリー。

飛び込んだ瞬間の水の冷たさにはびっくりしましたが…

透明度は抜群。10〜15mは見えておりました。

1本目も、2本目も、NECO一番奥というポイントへ。

定番の甲殻類を中心に観察&撮影してきました。






2011年11月6日(土) ナイトダイビング
天気:曇 気温:17℃ 水温:22℃ 透明度:–
生物:
シビレエイ・オルトマンワラエビ・ガラスハゼ・ハナアナゴ
イセエビ・ウチワエビ・オトヒメエビ・サラサエビ(ナイトver.)
シマウミスズメ幼魚・

2011年11月7日(日)
天気:曇 気温:17℃ 水温:22℃ 透明度:10〜15m
生物:
ネコザメ・イボイソバナガニ・オルトマンワラエビ・ガラスハゼ
ハクセンアカホシカクレエビ・カザリイソギンチャクエビ
イソギンチャクエビ・シロハナガサウミウシ(ペア)・ハナハゼ
クマノミ・クロホシイシモチ群れ・ヒトデヤドリエビ・カサゴ
謎のちっちゃいウミウシ・コウイカの仲間・オニハゼ など

ダイビング後はお待ちかね。

イセエビタイムへと突入するのです!(笑)

ただいま。

イメージ
戻ってきました。

雨の予報にも関わらず、雨が降らない…

ツアーの雨降らない記録更新中。

なんか持ってますね。(笑)

昨夜はボートdeナイト。

このブログで宣言したように【シビレエイ】で実験してきました。



どのような実験かというと…

皆で手をつないで、端の人がシビレエイを触って感電。

どこまでビリビリするか?というものでした。(笑)

やる前から、

「皆がビリビリしたら、最初の人は死ぬよ〜」

と、夢のない発言が相次ぎましたが。

少年のような心を持つ私は、そんなことではめげないのです。(笑)

さらに!

「シビレエイは深いとこにはいないよ〜、10m位のとこに多いよ〜」

と、言われたにも関わらず、25mでピンポイントで発見するあたり、

やっぱりなんか持ってる。(笑)

今回の実験のメンバーは、おなじみIさん、日本海ツアー参加Sさん、私。

見つけた瞬間、まず、Iさんのグローブを外し…皆で手をつなぎ。

いよいよ、ビリビリタイムへ。

ちなみに、シビレエイに触るのはIさん、次に私、そしてSさん。

おそるおそる触るIさん。でも、全然ビリビリしないらしい。


そこで私。

「もっとぎゅっと押せ」というジェスチャーを激しく行う。(笑)

で、ぎゅ〜っとするIさん。でも、ビリビリしない…


しびれを切らした横から、つかめという指示が…その瞬間。

ビリッ!!とIさんだけきたようです。(笑)

ちなみに、私とSさんまではビリビリしませんでした。

漫画でよくある白骨が見えるくらいビリビリしたら面白かったんですが…

そのあと私もビリビリを体験しようと触ったのですが、

エネルギーを使い果たしたらしくぷるぷるの感触だけ味わいました。

その他にも色々見ましたが、

開始早々のシビレエイとの遭遇に満足したので割愛します。(笑)


エキジット後は、おっさんだけの鍋大会。


野菜が不足気味なおっさん達のために野菜たくさんのキムチ鍋。

好評でした。その旨さは心にしみたようです。(笑)


また、泊まりツアーでは腕を振るいますよ〜

明日に続く。

しとしとと…

雨が降っております…がっ、

今日は午後から、

梶賀で鍋とイセエビ食べちゃうもんね!ツアーに行ってきます。(笑)

ダイビングよりご飯がメイン!?

これもツアーの魅力のひとつですよね〜

お腹いっぱい食べてきます。

そして、個人的な目標がひとつ。

今回のナイトでシビレエイを見つけて、

とある実験を…企てております。(笑)

明日の報告をお楽しみに。

鈴鹿のちょっとええもん。白子の海編①

イメージ
朝、ふと海が見たくなり…

いつもと違うルートで出勤。

堤防を朝日を浴びて、潮風を受けて走りました。

で、オープンまで少し時間があったので、

ビーチで散歩することに…

しばらくすると、漁港に入港する船と人だかりを発見。

おそるおそる潜入。(笑)

水揚げしている漁師さんに、

「コレなんですか?」と聞くと、

「ままかり」という返事が。

見た感じ、アジのように見えますが、

ネットで調べるとニシンの仲間らしい。
(忙しそうだったので聞かなかった…)

隣のウチに『まま=ご飯』を借りに行くというほど、

おいしい魚ということで【ままかり】というらしい…

他にも、謎の魚。

も、水揚げされておりました。

ままかりのオケの中には、一緒に獲れたエビやイカも混じっていて、

「エビもおいしいんや」って教えてもらいました。

漁港内に直売所もありますので、お土産にいかがですか?


フラリと見つけた、鈴鹿のちょっとええもん。

見つけ次第、ここで報告していきます。

文化の日

日が暮れかかった頃…

1台の車が店の前に停まった。

出てきたのは年配というよりは、

おじいちゃんと言ったほうが似合う男性。

「あの〜スミマせんけど…」

おっ、ダイビングの問い合わせか?と、少し心が躍る。

「○○さん家分かりますか?このへんなんだけど」

(笑)

しかも、ピンポイントできた!

当然、分からないので地図で調べてあげることに。

グーグルマップを開き、住所を入れ、場所を調べる。

「ほぉ〜」と感心している男性。

さすがに、名前までは出てこないので、だいたいの場所を教える。

「プリントしましょうか?」

満面の笑みで…

「良いんですか?恐縮です」

と答える男性。

印刷されるまでの間、彼が一言。

「かっこいいお店ですね」

気を使ってもらった。(笑)

印刷できた地図を見せ、もう一度場所の説明をする。

去り際に、また彼が一言。

「この中に地図が入っているの?」

と、パソコンを指差して言った。

「ネットで見れるんですよ」

と答えると、ふ〜んと言った表情で店を出て行った。

彼が車に乗り、出発するまで見送った。


ノートサイズのコンピューターから魔法のように地図が出る時代。

きっと彼が僕の歳の頃には想像もつかない世界。

でも、人に道を尋ねること、それに応えること。

というのは、彼が昔から変わらずに見てきた世界。


僕が彼の歳になったとき、街と人はどんな風に変わっているのだろう…



はい。今日は眼鏡をかけて仕事をしているので、

哲学チックにお送りしました。(笑)

突入!!

イメージ
11月に入りましたね。

これから海に向かう道中の山々も

紅や黄色に色づいて景色も楽しめるはず。

そして、秋の味覚も最盛期。

最近、尾鷲ツアーの帰りは、

地元の定食屋巡りをしております。(笑)

次回は、『さんま寿司』を食べさせてくれるお店を予定。

『さんま寿司』とは…尾鷲地方の名物で、

北から南下してくるにあたり適度に脂の落ちたさんまを

丸ごと一匹押し寿司にしてしまう郷土料理。

各お店や家庭に、こだわりがあるので食べ比べも楽しいですよ。

そろそろ今年の水揚げが始まる時期なので、

新鮮なさんまを使った、お寿司が食べられるはず!

食通のかたは、ダイビングと合わせてお楽しみください。

ちなみに…

尾鷲のさんま寿司と、そこから少し南下した熊野のさんま寿司。

同じ三重県内でも作り方が微妙に違うんです。

そんなトリビアも海までの車内で炸裂します。(笑)